家庭教師センターの種類

5タイプある家庭教師センター

家庭教師センターを比較するために、センターのタイプをまとめました。

関東には数千社の家庭教師センターがあります。その中から、お子さまに最適な家庭教師を選ぶのはとても大変なことです。
一番大切なのはお子さまの成績を確実に上げてくれるセンターを選ぶことではないでしょうか。

そのためには、家庭教師センターの種類をよく理解することが必要です。
お子さまの将来を決める大切な選択になりますので、失敗は許されません。
これを読めば、家庭教師センターについて理解が深まるはずです。

派遣管理センター

お値段は多少割高ですが、研修制度、進路相談、教育相談などのサポートがあるので安心感があります。
このタイプの家庭教師センターは、各地域に営業所があります。
家庭教師の選抜にかかる費用は、有料から無料まで様々です。
中には月謝一括払いなど悪質なタイプのセンターもあるので注意が必要です。
このタイプのセンターをご希望の場合は、ある程度の授業料を払っても、「確実性」「安心感」を求める方にオススメです。

派遣センター

このタイプは「低月謝」安さをウリにしている家庭教師センターに多いパターンです。
入会後ほとんど何もしないような家庭教師センターが多いので慎重な見極めが必要です。
会社のホームページだけではわからない、会社の規模や実績をよく確認をしてください。
ただし、保護者さまご自身で家庭教師の選択が可能な方、とにかく料金が安いところがいいという方にはオススメです。

個人家庭教師斡旋会社

このタイプは紹介料だけで運営する会社です。
よくある個人契約斡旋サイトなどがこれです。
講師の選択肢が少なく、実際に会ってみないとわからないという点がデメリットです。

高額教材セットのセンター

メインは何十万もする教材を販売するのが目的の会社です。
家庭教師でもっともトラブルが多いのがこのタイプです。

学生自主運営センター

大学生が学内で家庭教師をやりたいアルバイトを集めて、自主運営する組織です。
授業料などが安く負担が少ない、良心的な組織が多いようです。
しかし、あくまでも大学生が運営している会社ですので、よくセンターの中身を確認してみる必要があります。